マインツ武藤がユニット化! 攻撃のM&M、守備のB&B!

マリと武藤のコンビはM&Mに!

マリと武藤のコンビはM&Mに!

マリと武藤のコンビに期待がかかる photo/Getty Images

最近はMSNやBBCといったユニットを分かりやすくアルファベットなどで表現するやり方が流行っているが、マインツの武藤嘉紀もユニット化された。

『ビルト』では、マインツの攻撃の中心はM&Mが、守備はB&Bが引き締める!と紹介されている。M&Mとは、先日のホッフェンハイム戦でハットトリックを決めたFWユヌス・マリ、そして前線で果てしない運動量を見せる武藤のことを指している。この2人が攻撃の中心であり、今のマインツの象徴になっている。

一方のB&Bは守備陣の数人を指しており、ホッフェンハイム戦ではDFピエール・ベングドソン、ステファン・ベル、ニコ・ブンガート、MFユリアン・バウムガルトリンガー、ダニエル・ブロンシンスキと名前がBの選手が守備を引き締めた。これだけBの選手が顔を揃えるのは珍しいが、攻守両面のユニットがマインツの顔となっている。

M&Mコンビは第5節が終了した時点で武藤が2ゴール、マリが5ゴールと合計7ゴールを挙げている。マリも武藤を評価しており、マインツの英雄的存在となっている岡崎慎司と肩を並べる逸材と早くもチームメイトの信頼を勝ち取っている。

今季は香川真司の所属するドルトムントの前線が「ファンタスティック4」と呼ばれ、香川も重要な役割を担っている。M&Mは彼らに続くユニットとなれるだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ