アーセナルファンがマイク・ディーン審判を締め出しへ! 署名活動を開始

過去にアーセナルの失点を喜んでいたシーンも

過去にアーセナルの失点を喜んでいたシーンも

チェルシー対アーセナル戦でのマイク・ディーン photo/Getty Images

チェルシーとアーセナルの一戦でジエゴ・コスタとガブリエウがやり合った問題について、FAは両者に出場停止処分を科すことを検討すると表明した。結果的に退場となったのはガブリエウのみだが、コスタの挑発行為やローラン・コシェルニーの顔をはたいた行為も問題視されている。

しかしアーセナルサポーターの怒りはこんな処分では収まらない。『テレグラフ』によると、コスタをコントロールできず、終盤にはサンティ・カソルラも退場させた主審のマイク・ディーンに大きな問題があったとし、アーセナル戦で2度と笛を吹くことがないようにサポーターが署名活動を開始したという。

ディーンがアーセナルを嫌っているのではないかといった話は有名で、2012年に行われたトッテナムとアーセナルのノース・ロンドン・ダービーで主審を務めたディーンが、トッテナムの得点を小躍りしながら喜んでいたという話もある。今回のコスタの一件でさらにアーセナルサポーターの怒りを買ったはずで、ガブリエウのレッドカードに個人的な感情が絡んでいた可能性も捨て切れない。これを機にアーセナルサポーターはディーンとの縁を完全に切りたいと考えていることだろう。

長きに渡ってリーグタイトルから離れている原因の1つにディーンが挙げられているのかもしれないが、アーセナルサポーターの願いは叶うのか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ