ショーを負傷させたモレノがまたも怪我人出す! 1週間で2人の負傷者

今回も笛は鳴らず……

今回も笛は鳴らず……

交錯するDFエクトル・モレノ photo/Getty Images

PSVのDFエクトル・モレノは、この1週間で潰し屋としてのイメージがついてしまったかもしれない。

モレノはチャンピオンズリーグのマンチェスター・ユナイテッド戦でルーク・ショーから激しいタックルでボールを奪い、その際にショーの足を折ってしまった。もちろん故意ではなかったはずで、審判もクリーンなタックルとして笛を吹かなかった。

ショーの負傷はあくまで事故だったとの声も聞かれる中、またもモレノがやってしまった。『メトロ』によると、モレノは19日のヘラクレス・アルメロ戦で相手FWオスマ・タナネと激しく接触。モレノがボールをクリアしたところにタナネが飛び込んできたような格好となり、タナネはその衝撃で倒れ込んでしまった。今回も先にボールに触れたのはモレノの方で、チャレンジは正当なものだったとの判定で笛は鳴っていない。

結局タナネはプレイ続行不可能となり、両脇を支えられる形でピッチを後にした。1週間で2人も負傷させるのはなかなか無いことで、しかも両方ともファウルではない。タナネの負傷の程度は分かっていないが、モレノは悪いイメージを植え付けられる1週間となってしまった。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.191 激化するビッグクラブの勢力争い
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ