コスタの邪悪な才能出た! モウリーニョ「ベンゲルが文句を言わなかったことはない」

チェルシーらしさが出た一戦

チェルシーらしさが出た一戦

審判に詰め寄るジエゴ・コスタ photo/Getty Images

19日に行われたチェルシーとアーセナルの一戦は、2-0でチェルシーが勝利した。チェルシーのクリーンシート(無失点)やアザールのゴールよりも話題を集めたのは、ジエゴ・コスタとのやり合いで退場したガブリエウについてだ。

『ESPN』はコスタの邪悪な才能が発揮されたと伝えたが、最初に仕掛けたのはコスタだ。コシェルニーの顔をはたき、そこからの挑発行為にガブリエウは我を失ってしまった。アーセナルもベンゲルもチェルシーの罠にはまってしまったかのようだった。

もちろんこれにベンゲルが黙っているはずはなく、コスタのコシェルニーに対する平手打ちは暴力行為で、退場にならなかった理由が分からないとコメント。結果的にアーセナルは2人退場し、チェルシーは11人のままだった。このコメントに対してモウリーニョがすかさず反撃した。

「今回はジエゴ・コスタについて話すのではなく、ガブリエウについて話すべきだろう。私はこれまでアーセナルと12〜18回ほど対戦したが、ベンゲルが文句を言わなかった試合はほとんどないね。コミュニティシールドでウチに勝った時だけだろう」

「一方の我々はコミュニティシールドで敗れた時も泣き喚いたりはしなかった。ファンタスティックな振る舞いだったし、言い訳も愚痴もこぼしていない」

コスタの挑発行為で相手をヒートアップさせるのは昨季の定番コースで、今季の不調はコスタが暴れていないからだと言われていたほどだ。そして試合後のモウリーニョの勝ち誇ったコメント。首位のマンチェスター・シティとは勝ち点差8がついているが、“プレミアきってのヒール”チェルシー復活への糸口が見えてきた。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ