2得点に絡んだ武藤に独紙も高評価! ドリブル突破から3点目アシスト 

最高点はハット達成のマリ

最高点はハット達成のマリ

交代時、武藤には大きな拍手が贈られた photo/Getty Images

ブンデスリーガ第5節が18日に行われ、日本代表FW武藤嘉紀が所属するマインツはホームでホッフェンハイムと対戦し、3-1で勝利を収めた。マインツはこれで今季3勝目を挙げ、勝点を9に伸ばしている。

ホームで快勝を収めたマインツイレブンに、独紙も高評価を与えた。『ビルト』が試合後に掲載した速報採点では4人の選手に高採点となる「2」が与えられ、最高点はハットトリックを達成したユヌス・マリの「1」となった。(独紙は1が最高点で6が最低点)

この試合にマリと並ぶ2トップで先発した武藤にも「2」の高評価が与えられた。武藤は4試合連続の先発を果たすと、1点ビハインドで迎えた17分にマリの同点弾の起点となる空中戦の競り合いを演じ、67分にはドリブルで左サイドを突破してチームの3点目をアシストしている。

この他でも、CKをニアで合わせ、バー直撃のヘディングシュートを放つなど、多くの見せ場をこの試合で作っていた。また、攻撃以外でも多くのスプリント数を記録し、前線から積極的にプレスをかけて守備陣の負担を減らす献身的なプレイも見せている。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ