「必要とされれば全力を尽くす」リヴァプール、DFサコと長期の契約延長

今季はELで出場

今季はELで出場

ヨーロッパリーグに出場したサコ photo/Getty Images

プレミアリーグのリヴァプールは、フランス代表DFママドゥ・サコと長期の契約延長で合意したと、クラブの公式サイトで伝えている。

現在の契約は2017年で切れるが、新たな契約では2020年夏まで延長すると『リヴァプールエコー』などのメディアが伝えている。現在25歳のサコはパリ・サンジェルマンの下部組織で育つ。2007年にトップチームデビューを果たすと、2013年まで所属し、151試合に出場。2013年からリヴァプールに加入し、昨季は公式戦で27試合に出場していた。

今季は17日に行われたUEFAヨーロッパリーグ、ボルドー戦に出場。キャプテンマークを腕に巻き、フル出場を果たした。

同選手は「リヴァプールと長期の契約を結ぶことができて、とてもうれしい。私はリヴァプールの兵士だ。チームに必要とされれば、全力を尽くす。いつでも100%。この街とクラブのためにベストを尽くしたい」とコメントを寄せた。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ