チャンピオンズリーグ優勝はどこだ!? 英紙記者による優勝予想!!

圧倒的な攻撃力を持つチームが人気集める

圧倒的な攻撃力を持つチームが人気集める

果たして今シーズンの優勝は……!? photo/Getty Images

ついに15-16チャンピオンズリーグがスタートしたが、今季はどのクラブが優勝するのか。これはサッカーファンにとって毎年欠かせない話題となる。チャンピオンズリーグの優勝チームはサッカー界に1つのトレンドを作ることになり、昨季のバルセロナは組織化された現代サッカーにMSNを活かした爆発的な個の力で大会を制した。時代はカウンターなのか、それとも新たなトレンドが生まれるのか。『テレグラフ』は11人の記者に今季の優勝チームを予想してもらい、その結果を紹介している。

1番人気:バルセロナ(6票)

やはりMSNの存在が大きく、彼らを止められるDF陣は存在しないという意見が大半を占めた。しかしバルサが1番人気だったのはやや意外だ。昨季の強さは尋常ではなかったが、今季はFIFAからの制裁の影響で新戦力を充分に確保できていない。1月からはアルダ・トゥランらが合流する予定だが、相変わらずMSNの代わりがいない。昨季はMSNの1人も欠けずに大会を戦ったが、負傷や出場停止といった問題が出る恐れもある。頼りになるペドロ・ロドリゲスをチェルシーに放出してしまったことも大きく、MSNが欠けないことが優勝の最低条件となりそうだ。

2番人気:チェルシー(3票)

こちらも意外だ。チェルシーは現在プレミアリーグで絶不調だが、ここからジョゼ・モウリーニョがチームを立て直すはずとの意見が目立った。もちろん立て直しは不可能ではないが、今夏の補強プランが上手くはまらなかったのは気がかりだ。ただのモチベーション不足なら改善される可能性もあるが、ジョン・テリーのように衰えた選手をシーズン中に復活させるのは難しいだろう。元よりチェルシーは撃ち合いを制するチームではないため、守り切る力が必要になる。現在は守備が崩壊しているが、ここから立て直せるだろうか。

3番人気:レアル・マドリード(1票)

妥当な判断だろう。レアル・マドリードもバルセロナ同様にBBCが欠けると苦しくなるが、最終ラインから中盤にかけては選手層が充実している。チャンピオンズリーグで何より怖いのはディフェンスラインの選手が出場停止処分を受けることだ。カードをもらいやすいポジションであり、ベストメンバーではない最終ラインで守り切れるほど楽な大会ではない。その点、レアルはセルヒオ・ラモス、ラファエル・ヴァラン、ペペと一線級のセンターバックが3枚揃う。ラファエル・ベニテス監督がターンオーバーなどで疲労が溜まらないようにコントロール出来れば、可能性は大きく広がるはずだ。

3番人気:バイエルン・ミュンヘン(1票)

懸案だったフランク・リベリとアリエン・ロッベンに代わるドウグラス・コスタを獲得し、縦へのスピードを取り戻しつつある。ペップ・グアルディオラは美しく勝つことをテーマに掲げているが、バイエルンが最も力を発揮するのは縦に速く仕掛けているときだ。コスタが好調を維持できれば良いところまで勝ち進めるだろう。同じグループにアーセナルくらいしかライバルがいないのも特徴で、まず決勝トーナメント進出は確実だ。気がかりなのは、グアルディオラがセンターバックにラフィーニャやダビド・アラバといったサイズの小さい選手を起用している点で、守備面でトラブルを抱える可能性もある。カウンター対策とビルドアップの質を向上させたい考えは分かるが、守備を固めてフィジカルで押し込んでくる相手には苦戦するかもしれない。

11人が選んだ結果はこうなった。バルサ、レアル、バイエルンは昨季ベスト4に入ったチームで、期待度は高いだろう。構図としては、高い攻撃力で相手を圧倒する3チームと、手堅い守備でホーム&アウェイの制度を最大限活かして戦うチェルシーといったところか。この構図は昨季のベスト4とほとんど変わらない。チェルシーのところがユヴェントスになっただけで、やはり手堅く勝つチームは人気がない。バルサ、レアル、バイエルンが選ばれるのも、出場チームで爆発的な攻撃力を持っていると判断されるのがこの3チームしかないからだろう。

この牙城を崩すのはアトレティコやチェルシーのような渋いチームか、それともマンチェスター・シティやPSGのような金満クラブか、今季も楽しみは尽きない。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ