セスクが明かす、モウリーニョは不調のチームにUCL初戦で何と声をかけたのか?

UCLの勝利を契機に浮上するか

UCLの勝利を契機に浮上するか

マッカビ・テルアビブ戦では1G1Aを記録した photo/Getty Images

リーグ戦では開幕から5試合で1勝しかできず、1勝1分け3敗と序盤戦につまづいているチェルシー。現地時間16日、UEFAチャンピオンズリーグ第1節、マッカビ・テルアビブ戦が行われ、モウリーニョ監督は不調に陥るチームに次のように語ったと、FWセスク・ファブレガスが振り返った。

「これはプレミアリーグとは違う大会だ。とにかくいまに集中しろ。グループリーグ首位通過を目指している」と、チームに声をかけたとクラブの公式サイトが伝えている。

チェルシーは4-0でマッカビ・テルアビブに快勝。フル出場したセスクは59分に生まれたFWジエゴ・コスタのゴールをアシストし、チームの4点目となるゴールを挙げる活躍を見せた。

「大きな勝利になった。最初から最後まで良い内容だったし、これからはこうしたプレイを続けていかなくてはならない。まだシーズンは序盤。笑顔と自信を取り戻すには十分時間がある」と意気込みを語っている。

プレミアリーグではアーセナルとのダービーマッチが19日に控える。セスクは2003年から2011年まで古巣との対戦となる。

「とにかく勝利が必要。それにロンドンダービーだ。アーセナルのことはよく分かっている。難しい相手だが、勝てるはず」

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ