プレミア勢がCLで勝てない理由はどこにある?

リネカー氏はプレミアの日程が問題と語る

リネカー氏はプレミアの日程が問題と語る

初戦で敗れたアーセナルのオクスレイド=チェンバレン photo/Getty Images

プレミアリーグ勢がチャンピオンズリーグで勝つためには何が必要なのか。スター選手をかき集めれば良いのか、世界のトレンドを取り込む努力をすれば良いのか。もちろん欧州の舞台で勝てていない現状を打開するために努力は必要だ。しかし、解説者として活動する元イングランド代表のゲイリー・リネカー氏は、何よりも優先して変えるポイントがあると述べている。

『デイリー・ミラー』によると、同氏が改善を求めたのはプレミアリーグの日程だ。プレミアリーグは毎年年末にかけて殺人的なスケジュールが組まれており、今季も12月26日、28日、1月2日にリーグ戦が予定されている。

同氏はこの時期に疲労を溜めてしまうと考えており、欧州の他クラブに比べて後半戦で失速するケースが多いと述べている。

「ボクシング・デー、元旦はいいだろう。ただ、なぜ土曜日(28日)に試合を入れるんだ? カップ戦のリマッチも問題だ。我々は狂気ともいえるスケジュールで死んでしまうんだよ」

「我々はスペインやドイツよりも熱心に働いている。他のリーグは冬に休みを取っている。昨季のチェルシーを見れば分かるはずだ。PSGよりも良いチームだったのに、敗れた。選手の足は死んでいたよ」

リーガ・エスパニョーラは12月30日と1月3日にも試合が組まれているが、セリエAやブンデスリーガは年末に休みがある。この期間の差が決勝トーナメントからの戦いに響くと同氏は警告している。

プレミアの過密日程に関しては、アーセナルのヴェンゲル監督をはじめ、クラブを率いる監督たちからもつねづね批判が出ている。プレミア勢は昨季も決勝トーナメントで全チームが姿を消したが、こうした疲労も選手たちに影響を与えているのかもしれない。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ