警官もメッシと撮りたい! 警備中に隠れてメッシと自撮りしていたことが発覚

警備よりも自撮りに熱中していた警官2名

警備よりも自撮りに熱中していた警官2名

こっそりメッシを撮影する警官。画像は『スポルト』キャプチャ

敵地で行われるチャンピオンズリーグ・グループステージのゲームへ向けてローマへ向かったバルセロナの選手たちは、イタリアの空港で多くのサポーターに歓迎された。リオネル・メッシらスター選手が目の前にいるのだから、興奮しないはずはない。中には興奮を抑えきれずに抱き着いたりしようとするファンもいるはずで、そうした事態から選手を守るために多くの警官やセキュリティスタッフが監視の目を光らせている。

しかし、監視の目どころかシャッターチャンスを狙っていた者がいたようだ。『スポルト』によると、警備にあたっていた警官2人がメッシと2ショット写真を撮ろうと自身の携帯でメッシが入るように自撮りしていたという。警官は選手たちを守るためにファンよりも近い位置にいるため、メッシと一緒に写真におさまるのも簡単だったのかもしれない。

もちろんこの行動が許されるはずはなく、彼らは警備から外された。空港職員にもサインや写真を求める者がいたそうだが、やはり彼らを守る立場にある警官が自撮りに熱中しているのはまずい。バルサの選手たちは無事バスでホテルに向かったが、自撮りしている間に危険なことが起こらなくて良かったと安堵するばかりだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ