CL12戦勝利なし…… レアルは「コバチッチの呪い」を解けるか!?

12戦1分11敗、4得点36失点と悲惨な成績を残す

12戦1分11敗、4得点36失点と悲惨な成績を残す

CL初勝利に燃えるコバチッチ photo/Getty Images

15日から始まるチャンピオンズリーグ・グループステージに並々ならぬ闘志を燃やしているのがレアル・マドリードMFマテオ・コバチッチだ。今のところコバチッチはスタメン候補ではないが、途中出場などで出番が回ってくるだろう。

実はコバチッチにとってチャンピオンズリーグは苦い思い出が残る大会だ。同選手はまだ21歳と若いが、チャンピオンズリーグに出場するのはこれが初めてではない。『マルカ』によると、コバチッチがデビューを果たしたのはディナモ・ザグレブに所属していた11-12シーズンのことだ。奇妙なことに、コバチッチのデビュー戦の相手はレアル・マドリードだった。

この試合は現パリ・サンジェルマンMFアンヘル・ディ・マリアの得点で0-1と敗北を喫したが、何とコバチッチは未だチャンピオンズリーグで勝ったことがない。そのシーズンも、レアルに敗れてから地獄の6連敗……。第2戦でリヨンに0-2、第3戦アヤックスに0-2、第4戦アヤックスに0-4、第5戦レアルに2-6、そして第6戦はコバチッチの初ゴールもむなしく1-7の大敗だ。6戦6敗3得点22失点と悲惨な成績で大会から姿を消している。

次の12-13シーズンにもザグレブの選手として出場したが、ここでも6戦5敗1分。1得点14失点と最悪の出来だった。ザグレブが欧州の舞台で格下なのは確かだが、同メディアはあまりに酷い成績に「コバチッチの呪い」と見出しをつけている。

12戦1分11敗の記録を振り払えるのか、それともレアルもコバチッチの呪いの影響で躓くのか。ちなみに、レアルはこれまでグループステージで姿を消したことは1度もない。もし何かの間違いで敗れれば、まさにコバチッチの呪いがかかったということだ。

当たり前のように決勝トーナメントを狙うクリスティアーノ・ロナウドやセルヒオ・ラモスの中、コバチッチは一戦必勝に燃えている。
●電子マガジンtheWORLDは、W杯ロシア期間中にデイリー刊行しています!

大会期間中の号はすべて無料で、お使いのブラウザ上からお読みいただけます。こちらからお読みください。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.209 乾と本田で2度追いつく! 日本代表が魅せた執念のドロー
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ