マルシアルはどっちだ!? デビュー戦で点を取ったマンUのFW陣の成功例と失敗例

デビュー戦でゴールを決めるマンUのFWたち

デビュー戦でゴールを決めるマンUのFWたち

見事なデビュー弾を決めたマルシアルは花開くか!? photo/Getty Images

リヴァプール戦で見事なデビュー弾を決めたマンチェスター・ユナイテッドFWアンソニー・マルシアル。この1ゴールで彼が金額に見合ったスター候補生と決めつけるのは早計だが、マンUのFWはデビュー戦でゴールを決めることが多い。『スカイ・スポーツ』は過去にデビュー戦でゴールを挙げたFWを紹介し、成功を収めた者と失敗に終わった者とに分けている。果たしてマルシアルはどんなキャリアを築くのだろうか。

・成功例

1.オレ・グンナー・スールシャール

ノルウェーのモルデから加入したスールシャールは、ブラックバーン戦に途中出場してデビューを飾ると、わずか6分でゴールを決めた。負傷に苦しんだこともあったが、スーパーサブとしてチームに貢献し、マンUで6つのタイトルを獲得した。また、幼い顔をしていたことから「童顔の殺し屋」の異名までついている。235試合に出場して91ゴール、途中出場が多かったことを考えても十分すぎる成績だろう。

2.ルート・ファン・ニステルローイ

マンUで大成功を収めたファン・ニステルローイは、フラムとのデビュー戦で2ゴールを挙げてチームの逆転勝利に貢献した。これは彼が世界に名を轟かせる第一歩に過ぎず、そこからファン・ニステルローイはワールドクラスのストライカーへと成長していった。マンUでは150試合に出場して95ゴールと、まさにゴールマシンだった。

3.ルイ・サハ

ファン・ニステルローイがフラム戦でデビューして2ゴールを挙げた時、フラムのFWを務めていたのがサハだ。サハはその試合で先制点を含む2ゴールを挙げており、マンUにとっては印象深い選手となっていた。そして2004年1月に加入し、デビュー戦となったサウサンプトン戦でゴールを挙げた。大成功というわけではなく批判もされやすい選手だったが、86試合に出場して28ゴールの成績を残した。

・失敗例

4.ジュゼッペ・ロッシ

2005年にプレミアリーグデビューを果たしたロッシは、サンダーランド戦出場後9分で初ゴールをゲット。天才という前評判通りの結果を残して見せた。しかしマンUで定位置を掴むことは出来ず、その後のキャリアもじん帯損傷の大怪我などで苦しんでいる。

5.ダニー・ウェルベック

ストーク・シティ相手に見事なロングシュートを決めてデビューしたウェルベックは、サンダーランドなどへのローン移籍を経てウェイン・ルーニーとコンビを組んで活躍。142試合で29ゴールを挙げた。大失敗というわけではないが、現在アーセナルで膝の負傷に苦しんでいることもあり、同メディアは失敗と伝えている。

6.フェデリコ・マケダ

マケダのデビュー戦は鮮烈だった。1-2とリードを許したアストン・ヴィラ戦で途中出場を果たすと、C・ロナウドの同点ゴールで追いつき、そしてロスタイムにマケダが華麗なターンからチームを救う逆転シュートを決めた。これがデビュー戦ゴールとなり、マンUサポーターからは将来を期待される選手となった。しかしその後は出場機会がほとんど訪れず、レンタル移籍を繰り返した末にマンUを退団している。

7.ジェームズ・ウィルソン

現在もクラブに所属しているウィルソンは期待の若手ストライカーだ。ハル・シティ戦に途中出場してデビューを果たすと、2ゴールを記録。しかし現在のマンUはルーニー、マルアン・フェライニ、そしてマルシアルとライバルが多くなっている。まだマンUでのキャリアが失敗と決まったわけではなく、マルシアル同様にデビュー弾を決めた若者として将来を期待されている。

ストライカーを除いても、ポール・スコールズ、ガブリエル・エインセとデビュー戦でゴールを決めている選手がなぜか多い。今回のマルシアルも途中出場から華麗なゴールを決め、デビュー戦で結果を残すあたりにマンUの血が注入されているのかもしれない。果たしてマルシアルは成功組になるのか、失敗組になるのか。マルシアルなら大丈夫だと思う人も多いだろうが、マケダの時も同じことを考えた人もいるはずだ。デビュー弾によるプレッシャーからフォームを崩すことも珍しくなく、ビッグクラブの重圧を跳ね除けられるかがスターへの階段を上るポイントになる。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.233 今季貢献度で選んだリーグ別ベストイレブン
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ