[移籍]ネクストジダンと呼ばれたグルキュフ、古巣レンヌに復帰

10シーズンぶりに古巣へ

10シーズンぶりに古巣へ

オリンピック・リヨンでプレイしたMFグルキュフ photo/Getty Images

リーグ・アンのレンヌはオリンピック・リヨンを退団してた元フランス代表ヨアン・グルキュフを獲得したと、クラブの公式サイトで発表した。

現在29歳のグルキュフはレンヌの下部組織で育ち、2006年まで同クラブでプレイ。2006-07シーズンにACミランに加入するも出場機会を得られず、2008年8月にボルドーに加入する。ボルドーへの移籍でブレイクを果たし、2008-09シーズンは12得点11アシストを記録。ボルドーのリーグ制覇に貢献して、リーグ・アン最優秀選手にも選出された。2010年からオリンピック・リヨンに在籍し、昨シーズンは怪我の影響もあり、スタメン出場は8試合に留まった。

プレイスタイルも含めて最もジダンに近づいたと呼ばれたこともあったグルキュフは、この夏にギャンガンやモンペリエなど複数のクラブが接触していたと伝えられたが、かねてから噂されていた古巣のレンヌに復帰。疲労骨折から回復次第、チームに合流する予定だとフランス紙『レキップ』が伝えている。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ