新たなインテルの10番ヨヴェディッチ、ダービー勝利に喜び

イカルディとの急造2トップで好連携

イカルディとの急造2トップで好連携

ステファン・ヨヴェディッチ photo/Getty Images

今夏マンチェスター・シティからインテルに加入し、レアル・マドリードへ旅立ったマテオ・コバチッチから背番号「10」を引き継いだステファン・ヨヴェディッチ。開幕3試合で3ゴールを挙げる活躍を見せるモンテネグロ代表ストライカーは、自身初となる13日のミラノダービーで勝利したことを喜んだ。クラブ公式サイトが試合後のコメントを伝えている。

「フィオレンティーナ時代に何度もサン・シーロでプレイしてきたけれど、こんなに人が埋まったことはなかった。マンチェスターでもダービーを戦った経験があるけど、これとも違ったよ。今日は勝って、大きな勝点3を手にした。それが大事だった。両チームにチャンスがあったけれど、最終的には僕らの方が勝利に値したと思うよ」

2シーズンぶりのイタリア復帰となったヨヴェディッチ。マンC時代はセルヒオ・アグエロ、エディン・ジェコ、ウィルフリード・ボニーといった強力アタッカー陣の前に出場機会をなかなか得られなかったが、インテルでは既に大きな存在感を放っている。ミラノダービーではマウロ・イカルディとの2トップで先発し、機を見ての強烈なミドルシュートや、相方へのラストパスを見せた。

フレディ・グアリンのゴールを守りきり、インテルは開幕3連勝を飾っている。4シーズン連続でスクデットを獲得した王者ユヴェントスが開幕3試合で1分け2敗と苦しいスタートを切っただけに、今シーズンのインテルは上位進出に大きな期待を持たせる。

「僕たちは最高のチームだ。素晴らしいシーズンスタートを切ったけれど、まだ3試合しか終わっていないから、次のキエーボ戦に集中しよう。目標は3位以内だ。3月の段階で何位に着けているか、見てみよう」

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ