ピルロ&ビジャが所属するNYシティ、FCダラスに敗れプレイオフ進出はほぼ絶望的

前半に2点のリードを許す

前半に2点のリードを許す

ニューヨーク・シティでプレイするダビド・ビジャ photo/Getty Images

MLS(メジャー・リーグ・サッカー)が現地時間12日に行われ、ニューヨーク・シティFCは敵地でFCダラスと対戦した。

ニューヨーク・シティはこの試合で、元イングランド代表MFフランク・ランパードが8月9日に行われたニューヨーク・レッドブルズ戦以来のスタメン入りを果たし、先発メンバーにイタリア代表MFアンドレア・ピルロと元スペイン代表のダビド・ビジャが顔を揃えた。

試合はFCダラスに前半終了間際に2点を奪われる苦しい展開。ビジャは太ももの筋肉に不調を訴えてハーフタームで交代する。代わりに途中出場したFWパトリック・マリンズが70分にPKのチャンスから1点を返すも、反撃も及ばず。ニューヨーク・シティFCはFCダラスに1-2で敗れた。

その結果、ニューヨーク・シティFCはイースタンカンファレンスの順位を9位に落としたため、スペイン紙『マルカ』はプレイオフ進出の可能性はほぼ絶望的だと伝えている。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ