ミランはアウェイでここ5年勝利なし! ミラノダービーの歴史

10年で見てもアウェイでは2勝しかしていないミラン

10年で見てもアウェイでは2勝しかしていないミラン

今回のミラノダービーはどちらに軍配? photo/Getty Images

ミラノダービーと言えば、インテルとミランという世界的な名門同士の対決であり、実力伯仲の見ごたえある一戦になると思いがちだ。しかし、対戦成績には意外と差が出ている。週末に行われるミラノダービーは、インテル側がホーム、ミラン側がアウェイ扱いとなっている。実は、ミランはここ10年アウェイ側で迎えたミラノダービーで勝利したことがほとんどないのだ。

『Milan News.it』によると、ミランがアウェイ側で最後に勝ったのは2010年11月で、この時はズラタン・イブラヒモビッチのPKでの得点を守り切って1-0で勝利を収めた。しかし、リーグ戦ではこれ以降アウェイ側での勝利がない。さらに時を巻き戻すと、2005年2月にも1-0で勝利している。

しかしアウェイ側で迎えたダービーはすこぶる対戦成績が悪く、ここ10年でミランが勝ったのは上記の2回のみ。7敗2分2勝の成績となっている。一方のインテルもアウェイ側で迎えたダービーはここ10年で4勝5敗2分と勝ち越しているわけではないため、単純にインテルの方が強いとは言い切れない。ただし、同じサン・シーロでもホーム側が圧倒的に有利となり、勝利数もホーム側の方が多い。

確かに開幕から2連勝と何とか勝ち点6をもぎ取っているインテルに対し、ミランは開幕戦から退場者が出たりと慌ただしい。このデータ的に見ても、今回のダービーはホーム側で戦うインテルが優位に見える。同メディアはミランのシニシャ・ミハイロビッチ監督がこの逆境をどう跳ね除けるのかと注目しており、2010年以来のリーグ戦アウェイ側での勝利を目指している。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ