長友のライバルがロベカル宣言?「ロベルト・カルロスになれるかも」

新加入のテレスはミラノダービーで先発の可能性も

新加入のテレスはミラノダービーで先発の可能性も

トレーニング中のテレス photo/Getty Images

今夏ガラタサライからインテルへ加入したDFアレックス・テレスは、日本代表DF長友佑都にとっては直接的なライバルとなる。テレスは週末のミラノダービーで先発起用される可能性もあり、いきなりのビッグゲームに興奮しているようだ。『コリエレ・デロ・スポルト』は同選手のコメントを伝えており、インテルを選んだ理由やプロジェクトを信じていると語った。

「僕はクラブの歴史、大きさ、プロジェクトのすばらしさを考えてインテルを選んだんだ。インテルは偉大なクラブだし、もっと大きな目標をたてないといけない。僕たちは優勝を狙わないといけないんだ。ガラタサライでも、そしてここでもチャンスを与えてくれたロベルト・マンチーニ監督には感謝している。このチャンスを活かせと言われたよ」

「ダービーは重要な試合で、僕たちは勝つために全力を出さないといけない。監督が望むなら、僕は試合で戦う準備はできている」

また、テレスは左利きのサイドバックということから、同じブラジルのロベルト・カルロスのような存在になることが期待されている。ロベルト・カルロスも過去にインテルでプレイした経験を持っており、似たルートを歩んでいるのも確かだ。

「新しいロベルト・カルロスになれるか? 良い仕事をすればなれるのかもしれないね」

長友にとっては強力なライバルとなるテレスは、初のサン・シーロがミラノダービーになる可能性もある。マンチーニ監督から信頼を寄せられる男はロベルト・カルロス2世になれるのか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ