モウリーニョ鬼門の3年目、続く「想定外」

3年目に悪いことが起こるのは偶然か

3年目に悪いことが起こるのは偶然か

開幕から問題続きのモウリーニョ photo/Getty Images

ジョゼ・モウリーニョの3年目は上手くいかないという話は、サッカーファンなら誰もが知る話題となった。上手くいかない理由は2年目の成功でモチベーションが停滞するといったものや、チームに新鮮味を加えるのを苦手としていることなどが挙げられ、どこかチームはマンネリ化したような状態となってしまう。

そしてそれは今回のチェルシーでも同じだった。セスク・ファブレガスやジエゴ・コスタといった主力の動きが緩慢で、昨季のような堅い守備は見られない。ジョン・テリーが年齢を感じさせるようになったのも序盤戦の特徴だった。

ただ、そういった選手の問題だけには留まらないと『デイリー・ミラー』は伝えている。モウリーニョは開幕戦でメディカルスタッフと衝突し、昨年まで好調だったチームの歯車が突然狂い始めた。エヴァートンDFジョン・ストーンズの獲得にも失敗し、結局代わりに獲ったのはパピ・ジロボジとマイケル・ヘクターだ。ヘクターはレンタルに出され、ジロボジはチャンピオンズリーグのメンバーから漏れた。結局DFラインにはアブドゥル・ラーマン・ババが加わっただけで、変化がほとんどない。

そして今度はGKティボ・クルトワの負傷問題だ。現在クルトワは膝に問題を抱えており、ただでさえ不安定な守備陣に更なる穴が空くことになる。これもチェルシーのメディカルスタッフとの間に溝が出来たからなのだろうか。とにかく想定外の事態が次々に起こっている。想定外の事態と言えば、娘のマチルダさんがレッドカーペットで男性陣の目を惹きつける服を着たことも想定外だっただろう。同行したモウリーニョはどこか不機嫌なようにも見えた。

序盤戦からいくつもの不測の事態が起こったが、やはりモウリーニョにとって3年目は鬼門なのだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ