ファン・ハールは契約を全うできるか? ギグスへの早期交代も

選手からはトレーニング内容に不満の声

選手からはトレーニング内容に不満の声

ファン・ハールとギグス photo/Getty Images

果たしてマンチェスター・ユナイテッドにとってルイ・ファン・ハールは正しい監督なのか。開幕から4試合が経過したところで、イングランド国内では議論となっている。

ファン・ハールはマンUで長く仕事をするつもりはなく、クラブとの2017年までの契約も延長する考えを持っていないと宣言している。ファン・ハールの退任後はいつも隣に座っているアシスタントコーチのライアン・ギグスが監督になるといわれているが、『デイリー・スター』はもっと早い段階でギグスに代わるのではないかと述べている。

それは結果が出ていないからという理由ではなく、選手やメディアとの関係が良くないからだ。メディアへの対応は時に傲慢であり、そこから対立や混乱が生まれている。選手からも不満が出ており、主将のウェイン・ルーニーと副主将のマイケル・キャリックはファン・ハールのトレーニングを退屈と感じ、戦術に縛られるやり方にロボットのような心境になってきているという。

また、今夏に莫大な資金を投じて獲得したフランス代表FWアンソニー・マルシアルに関して、ファン・ハールはとんでもない取引だったと認めた。さらにマルシアルは即戦力ではなく、次期監督になる予定のギグスへのプレゼントといったコメントも残している。マルシアルが金額に見合う選手かは不透明であり、いつ割れるか分からない卵のようなものだ。ファン・ハールは慎重に育てていく考えを示しているが、ギグスとしては高価で危ないプレゼントをもらった気分だろう。

開幕からはそれなりの成績を残しているが、選手との関係が悪くなればモチベーションにも影響してくる。同メディアは今後そういったことが起こり得ると伝えており、ギグスへの早期交代も充分に考えられる。ファン・ハールは2017年まで持つのだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ