ルーニーはC・ロナウドを超えている! 代表で最も頼れるFWへ

代表の得点率ではロナウドを超えているルーニー

代表の得点率ではロナウドを超えているルーニー

代表最多得点者となったルーニー photo/Getty Images

「ウェイン・ルーニーがセンターフォワードではマンチェスター・ユナイテッド優勝は難しい」

そんな言葉も聞かれる昨今だが、ルーニーは優秀なFWだ。それはイングランド代表通算50得点を挙げてボビー・チャールトンの持つイングランド代表史上最多得点記録を更新したからだけではない。得点率で見ても、代表でのルーニーはまさにワールドクラスの成績を残しているのだ。

ルーニーの50点目は代表戦の107試合目でのことだった。2試合に1点ペースに近いものがあり、代表でのルーニーの得点率は0.47となっている。では、8日のメキシコ戦で代表49ゴールを決めたアルゼンチン代表FWリオネル・メッシはどうなのか。『メトロ』によれば、メッシは105試合で49ゴールを挙げており、ほぼルーニーと同じだ。メッシが代表で本領を発揮出来ていないのは周知の事実だが、それでもルーニーの得点率がメッシと並ぶのは誇るべきことだろう。

また、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは122試合で55ゴールを挙げており、得点率は2人を下回る0.45だ。単純なデータだけを見ればルーニーの方がロナウドよりも得点率で上回っているのだ。もちろん、メッシは最前線に位置しているわけではないし、ロナウドも基本はサイドでプレイしている。それでも2人の得点率は歴史的に見ても異常なものがあり、肩を並べるだけでもすごいことだ。

イングランド代表とマンUでは志向するチームスタイルも違えば、チームメイトも違う。それぞれのチームスタイルに合ったFWを起用しなければならないし、そもそもルーニーにはセンターフォワード以外の仕事もたくさん回ってくる。ただし、ルーニーが得点力のないFWだという批判は間違っているだろう。数年前に比べるとスピードは落ちたが、使い方さえ間違えなければ得点を取れるFWなのは確かだ。

果たしてルーニーはストライカーとして信頼の置ける選手なのか。マンUサポーターはこのデータを1つの参考にしてみても良いかもしれない。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.193 ロシアW杯グループリーグ完全ガイド
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ