イタリアはEUROの優勝候補か!? トラパットーニ氏「メッシやロナウドはいないが……」

バランスがEUROを制するカギだと語る

バランスがEUROを制するカギだと語る

1-0の勝利はアッズーリの真骨頂 photo/Getty Images

4日のマルタ戦、7日のブルガリア戦とEURO予選で連勝を飾ったイタリア代表。勝ち点18で首位を走っているものの、格下のマルタとブルガリア相手に1-0の勝利というのは少し寂しくはないだろうか。相変わらず守備は堅くとも得点は入らないイタリアだが、ここまでの戦いを過去にユヴェントスやイタリア代表を率いたジョバンニ・トラパットーニ氏は、内容に不満を持っていないという。

同氏は『トゥットスポルト』に対し、ここまでのイタリア代表について語り、現代サッカーに必要なものはバランスだと述べた。

「我々の代表にはクリスティアーノ・ロナウドやメッシのような選手はいないし、今の戦力で満足しないといけない。それでもイタリアは明確なアイデンティティを持っているし、バランスもよく取れている。現代サッカーはこれまで以上にバランスが必要になった。サッカー大国の1つであるオランダが予選突破圏内に入っていないことを誰が予想しただろう? そして誰ひとりスター選手を抱えていないアイスランドの躍進を。彼らにはバランスがある」

「イタリアは間違いなくフランスで主役になれると思う。アントニオ・コンテは、イタリアが用意できる監督の中でベストな人物だ。彼はまだ若いが、ユヴェントスで成功した。最も重要なことは、選手が彼を信頼し、従っているということだ。イタリアはEURO2016で優勝するかまでは分からないが、確実に候補の1つにはなる」

また、同氏はセリエA復権を思わせるユヴェントスの躍進についてもコメントした。

「開幕2試合の敗北はあったが、ユヴェントスはまだ最強のチームだ。ユヴェントスは負傷者も出ているが、代わりに興味深い選手を連れてきている。クアドラードやエルナネス、アレックス・サンドロたちだね。今のユヴェントスには競争力があるし、偉大なことを成し遂げられるはずだ。チャンピオンズリーグでも相手を恐れてはいけない。彼らは優勝できるチームだ」

イタリア代表は前回のEUROで準優勝だったが、昨年のワールドカップでは2010年同様グループリーグで姿を消している。ワールドクラスのスター選手がいないことも不安要素の1つだが、同氏が語るように現在のイタリアとユヴェントスにはバランス力がある。昨季チャンピオンズリーグ決勝まで勝ち進んだユヴェントスの躍進がイタリア代表とリンクするのか。派手さはないが、渋いイタリアが戻って来ている。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.194 全試合予想:UCL17/18ラウンド16
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ