モウリーニョに蹴りを入れられた過去を語るヴァラン「なぜ練習で走らない?」

育ててくれた恩師との逸話語る

育ててくれた恩師との逸話語る

ヴァランとモウリーニョ photo/Getty Images

今やフランスの将来を任される選手の1人となったレアル・マドリードDFラファエル・ヴァランを引き上げたのは、かつてレアルを率いていたジョゼ・モウリーニョだ。モウリーニョはペペとセルヒオ・ラモスの鉄板コンビとなっていたところにヴァランを送り込み、今ではペペからセンターバックの座を奪い去ろうとしている。今季も開幕から2試合連続で先発フル出場を果たしており、レアルの守備陣に欠かせない存在となった。

そんなヴァランが恩師でもあるモウリーニョとの逸話を語った。『マルカ』が伝えている。

「マドリードで2年目の時に、モウリーニョは僕の背後から蹴りを入れてきたんだ。『なぜ練習で走らない?』とね。当時の僕はよくなかったし、ピッチの外で自分を管理できていなかった。僕のリアクションは『あぁ……』といった感じだったけど、彼が正しいんだ」

「モウリーニョに長いスピーチは必要ない。彼はダイレクトにポイントを突いて話してくる。彼が教えてくれたことは僕にとって有益なものになったし、彼のように定期的に圧力をかけてくれるような存在が必要なんだ」

今夏には現在チェルシーを率いるモウリーニョがレアルから引き抜こうとした話も挙がっていたが、結局は残留することとなった。来夏にはマンチェスター・ユナイテッドが獲得にトライする考えのようだが、レアルはフランスの至宝を引き止められるだろうか。ラファエル・ベニテス監督も時には蹴りを喰らわせないといけないかもしれない。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ