「10番」清武のお披露目だ! ハノーファー対ドルトムントの先発予想に3人の日本人選手が入る

今シーズン、対照的なスタートを切った両チームの対戦

今シーズン、対照的なスタートを切った両チームの対戦

負傷を乗り越えた清武の復帰が迫る photo/Getty Images

12日に行なわれるブンデスリーガ第4節でMF香川真司が所屬するドルトムントとMF清武弘嗣、DF酒井宏樹が所屬するハノーファーが対戦する。

ホームのハノーファーはここまで開幕3試合で白星がない。開幕節で昇格組のダルムシュタットに2-2で引き分けると、2節レヴァークーゼン戦では0-1で敗戦。前節はFW武藤嘉紀が所属するマインツと対戦し、武藤の2ゴールなどによって0-3の完敗を喫するなど、苦しいシーズンスタートとなっている。

朗報は、負傷によって戦列を離れていた清武が先月末に練習に復帰したことだ。今季から背番号「10」を背負う清武は崩しで違いを作り出すキーマン。6月以降実戦から遠ざかっている点が気がかりだが、ミヒャエル・フロンツェク監督はコンディションを良好と見ており、出場に期待がかかる。

アウェーに乗り込むドルトムントはここまで開幕3連勝と波に乗るチーム。3試合で11得点を挙げる圧巻の攻撃陣が魅力だが、ここに来てやや負傷者のニュースが出ている。

前節ヘルタ・ベルリン戦では3-1の勝利を収めたものの、FWマルコ・ロイスがつま先を負傷し、代表ウィークのドイツ代表合宿から離脱。1トップに入るピエール・エメリク・オバメヤンもガボン代表として臨んだザンビア戦で内転筋を痛め、軽傷と見られてはいるものの、こちらもクラブに帰還している。各国代表選手を揃えるチームの悩みどころではあるが、先発メンバーがここまでの試合でほぼ固定されている点による疲労はやや気がかりな要素。

独『キッカー』による先発予想では、ハノーファーの11人の中に2人の日本人選手の名前が入り、清武の復帰が濃厚となっている。一方でドルトムントには日本代表から帰還した香川の名前が入り、中盤での先発が予想されている。負傷の状況が明確になっていないロイスとオバメヤンも、先発が見込まれており、ベストメンバーで試合に臨むことになりそうだ。

試合は日本時間12日22時30分キックオフ予定。

以下、『キッカー』による先発予想。

ハノーファー

GK:ツィーラー
DF:酒井、マルセロ、シュルツ、ゾルク
DMF:アンドレアセン、サネ
OMF:カラマン、清武、プリブ
FW:ソビエフ

ドルトムント

GK:ビュルキ
DF:ギンター、ソクラティス、フンメルス、シュメルツァー
DMF:ギュンドアン、ヴァイグル
OMF:ロイス、香川、ムヒタリアン
FW:オバメヤン

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ