ファン・ハール、逸材マルシアルの移籍金は「馬鹿げている」

「彼は次の監督のための獲得」

「彼は次の監督のための獲得」

最も高価なティーンエイジャーとなったマルシアル photo/Getty Images

マンチェスター・ユナイテッドのルイス・ファン・ハール監督は、10代の選手としては最高額の移籍金でモナコから獲得したフランス代表FWアントニー・マルシアル(19)を次期監督のための獲得だったことを明かした。英『BBC』が伝えている。

「彼は私のためではなく、次の監督のために獲得した」

ファン・ハール監督は今夏3600万ポンド(約66億円)で獲得したマルシアルを即戦力としてではなく、将来への投資と見ていることを明らかにした。19歳のFWは出来高で最大5800万ポンド(約107億円)まで移籍金が上がるとされ、「最も高価なティーンエイジャー」と紹介されてきた。この額は少々掛かり過ぎであったことを監督は話す。

「クラブが支払った額は馬鹿げている。問題となっているのは、マンUが獲得を望む選手は1000万ポンド以上を要求され、放出しようとすればどのクラブもそれ以下で獲得しようとするところにある」

水曜日にオールド・トラフォードで行なわれたこのファン・ハール監督のプレゼンテーションには、1000人近くが集まったという。監督はこの場で「私は後任の監督を紹介しているような気がしている」と話し、自身のアシスタントコーチを務めるライアン・ギグスが後任監督であるということを仄めかしている。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ