早大MF渡辺凌磨がインゴルシュタットに入団! 強化担当も「若く才能がある選手」と期待

若武者、海を渡る

若武者、海を渡る

高校選抜でプレイする渡辺 photo/Getty Images

ドイツ・ブンデスリーガのFCインゴルシュタットは9日、U19日本代表MF渡辺凌磨(18)が下部組織であるU23チームに入団したことを発表した。

2004年に設立されてからわずか11年でブンデスリーガ進出を果たした急成長クラブに日本人が所属することになった。今年の春から早稲田大学に進学していた渡辺は既にインゴルシュタットの練習に参加し、入団が近づいていた。

渡辺は前橋育英高校の3年次に全国高校サッカー選手権で印象的な活躍を見せ、チームの準優勝に貢献。高いテクニック、得点能力を持ったMFで、2013年にUAEで開催されたU17W杯では3得点を挙げる活躍をみせていた。

インゴルシュタットのヘラルド・ゲントナーSD(スポーツディレクター)はクラブ公式サイト上で渡辺への期待を述べた。

「我々は凌磨とともに今後を過ごせることを嬉しく思う。彼は若く才能に恵まれた選手であり、全く未知の、新たな環境にやって来たんだ。重要なことは、凌磨がここで成長し、チームにフィットするための時間を慎重に与えられることだろう」

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ