デ・ヘアとの先発争いに臨むロメロ「GKには先発かベンチしかない」

デ・ヘアの残留で思わぬスタメン争いに

デ・ヘアの残留で思わぬスタメン争いに

スウォンジー戦で2失点のロメロ photo/Getty Images

まさかスタメン争いに直面するとは予想していなかっただろう。

マンチェスター・ユナイテッドGKセルヒオ・ロメロは、レアル・マドリードへの移籍が実現しなかったスペイン代表GKダビド・デ・ヘアとのポジション争いに臨むことになる。ファン・ハールは移籍市場が閉まるまでデ・ヘアをスタンドに置き、リーグ戦とチャンピオンズリーグ予選・プレイオフのすべてでロメロを起用してきた。

ロメロはここまでクリーンシートを4度達成したが、前節のスウォンジー戦の2失点を批判されている。確かにデ・ヘアであれば防げていたかもしれないゴールもあり、デ・ヘアが残留したのであればロメロは外れるべきと考えるサポーターも多いだろう。ファン・ハールも今後はデ・ヘアを起用していく考えを持っており、ロメロの正GKの座は危うくなっている。

しかしロメロはデ・ヘアとのスタメン争いを歓迎しており、アルゼンチン『La Nacion』にここまでマンUのゴールを守ってこれたことに感謝していると語った。同メディアへのコメントを『スカイ・スポーツ』が伝えている。

「マンUでプレイすることは夢だし、僕はファン・ハールに感謝しているんだ。僕はプレシーズンに参加していないが、彼は僕を信頼してくれているし、世界で最大のクラブでプレイすることができた。ただ、マンUの守護神が僕のものになったとは思わない。GKにはローテーションが存在しないし、先発するかベンチに座るかの選択肢しかないんだ」

次節は序盤戦最初の大一番となるリヴァプールとの対戦だが、ファン・ハールはさっそくデ・ヘアをゴールマウスに戻すといわれている。スウォンジー戦のパフォーマンスが全ての原因かは分からないが、ロメロの言葉通りGKは先発を外れればベンチに座るしか選択肢がない。このまま夢のクラブでのプレイは終わってしまうのか。その答えの第1歩をリヴァプール戦で確認することができるだろう。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ