欧州全体に広がる難民支援。ボルシアMGがマンC戦のチケット収入を支援金に

ポルトの提唱に各クラブの今後の反応は

ポルトの提唱に各クラブの今後の反応は

満員のボルシアパーク photo/Getty Images

中東情勢の悪化に伴い、現在ヨーロッパには多くの難民が避難してきている。最も多くの難民を受け入れているドイツでは、バイエルン・ミュンヘンを始めとしたサッカークラブが積極的な支援に動き出しているが、こうした動きは現在、ヨーロッパ規模に拡大を見せている。

ボルシア・メンヘングラードバッハ(ボルシアMG)は7日、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)の最初のホームゲーム、マンチェスター・シティ戦(9月30日)での収益の一部を難民支援に充てることを発表した。これはチケットを1枚購入するごとに1ユーロの支援金になるというもので、本拠地ボルシア・パークの収容人数通りなら46000ユーロが集まる見込みだ。

この企画はポルトガルの名門、FCポルトの提案にボルシアMGが賛同するという形で実現した。ポルト公式サイトによれば、今後CLに参加する32クラブ全てに呼びかけを行っていくという。この「難民のためにプレイしよう!」というモットーのもとに行なわれる集金には、UEFAのミシェル・プラティニ会長も全面的な賛同を見せているようだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ