暴走バロテッリ、40kmオーバーのスピード違反でさっそく捕まる

マントヴァ戦の好パフォーマンスから一転……

マントヴァ戦の好パフォーマンスから一転……

さっそくやらかしたバロテッリ photo/Getty Images

マントヴァFC戦で1ゴール1アシストを決めたことで調子に乗ってしまったのか、ミランFWマリオ・バロテッリがさっそく“やらかした”。

『Giornale di Brescia』によると、バロテッリは自宅のあるブレシア近くでスピード違反を犯して警察のお世話になったという。同メディアによると、バロテッリは制限速度50Kmの道を愛車のランボルギーニで爆走。スピードは90Km以上出していた模様で、パトロールしていた警察の目に留まった。

バロテッリはすぐに謝罪したようだが、今回の一件をミランがどのように捉えたのか。移籍する際に契約書と同時にプライベートで過度に目立たないこと、ミランの名前に泥を塗るような行為はしないことといった規則を定めたが、目立つどころか法律に抵触してしまった。ミランはバロテッリを獲得する際に、規則を破った場合は契約を解除する考えもあると語っていた。今回は明らかな規則違反だが、よもやの契約解除もあり得るのか。

40Km以上のオーバーということで、免許は一時的に取り上げられている様子。同メディアによるとバロテッリは謝罪と同時に「速度制限があるとは気付かなかった」と誰もが警察に言うであろうお決まりの台詞を吐いている。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ