意外!? メッシは代表得点記録2位。8得点差のバティを超えられるか

代表では苦戦するメッシ

代表では苦戦するメッシ

あと8点で歴代1位に並ぶ photo/Getty Images

4日に行われたボリビア戦で2ゴールを挙げたアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは、代表での通算得点を48に伸ばした。これまで数々のタイトル、個人記録を達成してきたメッシだが、28歳になった今も代表では目立ったタイトルを獲得できていない。通算得点記録もその1つだ。

バルサでの爆発力をアルゼンチン代表では発揮出来ていないメッシ。現在メッシは通算得点が48で2位だ。1位はガブリエル・バティストゥータで、56ゴール挙げている。また、得点率にも違いがある。『Voetbal Zone』によるとメッシは104試合に出場して48ゴールで、得点率は0.46だ。メッシほどの選手にしては物足りない。

一方のバティストゥータは78試合で56ゴールと、まさにエースストライカーらしい記録を持っている。そんなバティの記録を超えるまで8ゴールに迫っているメッシだが、元バルサ監督で現在アルゼンチン代表を率いるヘラルド・マルティーノも、「私はメッシが成功すると確信している。それがいつ達成されるかは分からないがね」とコメントし、メッシの記録更新を期待している。

クラブと違って試合数が多くない代表戦で8ゴールは決して簡単な数字ではないが、メッシは新たな伝説を作れるだろうか。アルゼンチン代表は8日にメキシコ代表と親善試合を行う。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ