[若きサムライ インタビュー#2]DF遠藤航「最終的にはCBで勝負したい」

FWからGKまで務めた子ども時代。プロへの夢はぼんやりしていた

FWからGKまで務めた子ども時代。プロへの夢はぼんやりしていた

身長が高いほうではない。だからこそCBで勝負したいと語る photo/Getty Images

──サッカーはどのようなキッカケで、いつごろはじめたのでしょうか?

遠藤 もともと父親がやっていて、幼稚園のころから公園で一緒にボールを蹴っていました。父親はもちろん、友だちとも蹴っていましたね。そんな姿を見ていた母親から、小学生になるときに『サッカーやってみる?』と聞かれて南戸塚SCに入りました。

──どのような雰囲気のチームでしたか?

遠藤 全国大会に出るような強豪ではなく、みんなで楽しもうという近所にあるクラブでした。子どもが入ると、お父さんがコーチをできる感じです。うちの父親もボクが加入してから少ししてコーチになったので、小学生のころはほとんど父親から教わっていました。

──当時のポジションを教えてください。

遠藤 FWからGKまでいろいろやりました。基本的にはFWかトップ下でしたね。でも、身体が大きいGKの子が『FWをやりたい』と言ったときはボクがGKをやりましたよ(笑)。ただ、同時に地区選抜(神奈川県戸塚区選抜)にも入っていて、そこには各クラブからうまい子が集まっていました。そのなかでFWをやっていて、けっこう点も取っていました。

──サッカーに対しては、どのような意識で取り組んでいたのですか?

遠藤 横浜に住んでいたので、父親とよくマリノスの試合を見に行っていました。やっぱり、プロになりたかったですね。でも、まだぼんやりとした夢でした。まさか、当時に見ていた中村(俊輔)さん、中澤(佑二)さん、坂田(大輔)さんなどと同じピッチに立てる日が来るとは思ってもいませんでした。

──そうしたなか、中学進学のときにひとつの決断があったと思います。部活でプレイするか、クラブユースかという選択です。

遠藤 小学生のころからクラブユースでプレイしたくて、5年生、6年生のときにマリノスジュニアを受けました。中学進学のときもマリノスのジュニアユースを受けましたが、ダメでした。他のクラブチームからいくつか合格をもらっていたのですが、結局は南戸塚中学でのプレイを選びました。なぜなら、南戸塚SCのコーチだった山本篤司さんが中学でも補佐的に教えていて、『よい顧問の先生がいるから、中学でやってみては』と言ってくれたのです。一度部活の練習に参加させてもらい、いいなと思ったので入部しました。

中3の夏にベルマーレの練習へ。曺監督に高い評価を受ける

中3の夏にベルマーレの練習へ。曺監督に高い評価を受ける

アンダー世代の代表経験も積んだ photo/Getty Images

──南戸塚中学のサッカー部では、どのようことを学びましたか?

遠藤 ピッチ内外で、サッカーの基礎と人として大事なことを学びました。しっかり挨拶するとか、遠征時のマナーなどです。サッカーの基礎を叩き込まれると同時に、人としてしっかりするようになりました。サッカー部顧問の大野武先生、GKコーチの髙橋奨先生には本当にお世話になりました。

──中学でもポジションはFWでしたか?

遠藤 1年生ではじめて試合に出たときはFWでした。2年生になるとトップ下やボランチもやっていました。CBになったのは2年生の途中、自分たちの世代になってからです。

──どういう経緯があったのですか?

遠藤 単純に、CBがいないという状況になってしまったんです。大野先生から『(CBを)やってみないか?』と言われたので、嫌がることなく引き受けました。以降、ずっとCBでした。その後にトレセンに呼ばれるようになったので、このポジション変更はボクにとって大きなターニングポイントでした。

──攻撃的なポジションからCBへの転向です。嫌な気持ちはなかったのですか?

遠藤 まったくなかったです。いろいろなポジションでプレイしてみたい気持ちが強くて、面白そうだなと思いました。基本的にサッカーが好きなんですよ。ポジションによって面白さが違うので、新しいことにチャレンジできて楽しいと感じることはあっても、嫌だと思うことはありませんでした。

──私生活でもいろいろなことにチャレンジするタイプですか?

遠藤 私生活はあんまりですね。正直、サッカーばかりで恋愛も奥手なほうだったし……。でも、勉強は中学、高校を通じて普通にやっていました。成績は悪いほうではなかったと思います。人として、勉強もできないとダメだと思っていたし、キャプテンも務めていた。しっかりしないといけないという意識があったので、勉強についても嫌だと感じることはなかったです。

──そうしたなか、中3のときにベルマーレの練習にはじめて参加していますね?

遠藤 最初に練習参加したのは中3の夏でした。高橋先生がベルマーレの方と知り合いで、チームから3名が参加しました。いきなり練習試合に出たのですが、当時のベルマーレユースの監督が曺(貴裁)さんで、すぐに気にいってくれたらしく、その後も何回か練習に参加することができました。

──高校進学が迫っていたと思いますが?

遠藤 そうです。ちょうど進路で悩んでいたときに、曺さんに『ベルマーレを第一志望で考えてくれているのか?』と声をかけられました。クラブユースでプレイしたかったので、すぐに『もちろんです。第一志望で考えています』と返事をしました。また落とされるのではという不安はありましたが、無事に加入が決定しました。

ポジションにこだわりはないが、最終的にはCBで勝負したい

ポジションにこだわりはないが、最終的にはCBで勝負したい

東アジア杯でA代表へ初招集。サポーターから笑顔で送り出された photo/Getty Images

──ベルマーレユースでは、高2のときにU-16代表に招集されていますね?

遠藤 試合には1年生のころから出ていて、2年生のときに神奈川県の国体代表に入り、優勝しました。その後、U - 1 6代表に呼ばれたのがはじめての日本代表でした。最初に国内合宿があって、その後にメキシコへ行って大会に出場しました。はじめての代表で、はじめての海外で、はじめての海外チームとの対戦だったのですが、準優勝しました。これは自信になりました。自分は代表でこれぐらいできるんだという確かな自信を得られました。

──ユースでの3年間は充実していましたか?

遠藤 加入してすぐに試合に出させてもらい、国体では優勝しました。代表にも呼ばれて海外の大会で準優勝できた。高3では2種登録でJ 1にも出場しました。いま考えると、非常に充実していました。ただ、上には上がいることも知りました。同い年の宇佐美(貴史)は2年生ですでにガンバのトップチームでJ 1に出ていました。実際にプレイを見たときは、すごいなと思いましたね。

──遠藤選手も高3のときにJ1に6試合、ナビスコ杯1試合に出場していますね?

遠藤 そうなのですが、実は高3のときは公式戦で1勝もしていないんです。ユースでもトップでも、ボクが出た試合は勝てませんでした。トップでの初先発がナビスコ杯のモンテディオ戦だったのですが、前半で交代してチームも負けました。J1ではフロンターレ戦にボランチで初出場したのですが、前半でジュニーニョにハットトリックを許し、このときも前半で交代してチームも敗れました。その後もボクが出た試合は勝利がなく、結局トップはJ1に残留できませんでした。高3のときに出場した試合は本当にひとつも勝てなかった。公式戦0勝です。悔しさが残るシーズンでした。

──高校卒業と同時にプロになったわけですが、不安はありませんでしたか?

遠藤 すでにトップの試合に出ていたので、不安はなかったです。現状を継続し、またJ1に昇格し、チームとともに成長したいという思いがありました。とはいえ、1年目は経験豊富な選手たちについていくのが精いっぱいでした。まずは自分の良さをしっかり出すというスタンスでプレイしていました。

──その後、19歳で結婚していますね

遠藤 20歳になる少し前でした。早く結婚したかったわけではなく、26歳、27歳ぐらいでと考えていました。ただ、当時は実家に暮らしていて、食事などお世話になりっぱなしでした。自立しなければと考えていた時期に、ちょうど彼女ができた。一緒に住みたいと思ったので、そのまま結婚しました。ひとり暮らしするよりも、家庭を持ったほうがいいと思ったんです。他の選手やコーチからも、『早く結婚したほうがいい』と言われていました。タイミングよくいい人が見つかったので、結婚しました。

──迷うことなく、即断できたのですか?

遠藤 できましたね。なぜだかわからないですけど… …。お互いに好きだったので、自然の流れですかね、たぶん。ただ、サッカー選手ではなかったら、あんなに早く結婚していなかったと思います。いま考えると、サッカー選手として成功したい。しっかりしなければという強い気持ちがありました。

──では、今後のサッカー人生についてはどう考えていますか?

遠藤 以前から海外で活躍したい思いがあって、そのためにはまず、U - 2 2代表として来年1月のアジア予選を勝ち抜き、リオ五輪の出場権を獲得しないといけない。そして、リオ五輪で活躍して海外に行くというのが個人としてのいまの目標です。もちろん、それ以前にベルマーレでしっかりと自分の役割を果たさないといけない。チームとしても個人としても、一試合一試合サポーターの方々に満足していただける内容、結果を残さないといけないと思っています。

──いろいろなポジションでプレイしていますが、自身でこだわりはありますか?

遠藤 いまはないですが、最終的にはC Bで勝負したいです。身長が高くなくてもやれることを証明したい。C Bでプレイすることが多いので、自分のプライドとして『できるんだ』というところを見せたいです。一方で、U - 2 2代表ではボランチを務めているので、自分の特徴を考えるとユーティリティ性も大事なのかなと思っています。だからいまは、こだわりを持たずにいろいろなポジションで自分の良さを出す時期なのだととらえています。

インタビュー・文/飯塚 健司

theWORLD165号 8月23日配信の記事より転載

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ