イタリア代表150キャップ目前のブッフォン「200までという声もあるが……」

37歳の今でも代表の守護神を続ける

37歳の今でも代表の守護神を続ける

いまだに代表チームの中核 photo/Getty Images

37歳になった今でもイタリア代表の守護神を務めているGKジャンルイジ・ブッフォンは、6日のブルガリア戦で代表キャップ150を記録する。イタリア代表は、共に2006ワールドカップを制したアンドレア・ピルロやダニエレ・デ・ロッシも代表に招集されており、なかなか優勝当時の世代から抜け出せていない。

『コリエレ・デロ・スポルト』によると、150キャップが目前に迫るブッフォンにもまだ代表を続けてほしいという声があるようで、同選手は会見で自身の150キャップと代表のパフォーマンスについて語った。

「一部の人からは、200キャップまで到達してくれなんて言われているけど、僕の目標ではないよ。長く続けることは願っているけどね。この18年間、代表には国民やメディアからの熱意を感じたピークの時期もあったし、無関心になった時期もあった。15年前なら先日のマルタ戦でも満員になっただろう。観客数に関しては解決が求められている」

「マルタ戦の得点数に関して不満がある人もいるだろうが、もとよりイタリア代表は格下相手でも大量得点を決めるようなチームじゃないからね。マルタ戦の戦いがチームのベストだったとは思わないけど、別に酷かったとも思わない。それでも、もっと良くなるように改善していかないといけないね」

イタリアは現在勝ち点15で、EURO予選グループHの2位につけているが、勝ち点2差で3位ノルウェーに追われており、決して油断はできない。予選も残りわずかとなったが、必ずや37歳のブッフォンのスーパーセーブが必要となる場面がくるだろう。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ