インテル巨人化! 身長ワーストの長友がピンチに

平均身長が184.7cmに

平均身長が184.7cmに

小柄で俊敏、が長友の長所だが…… photo/Getty Images

今夏にフェリペ・メロやジェフリー・コンドグビアらを獲得したインテルが、06-07シーズンのチームを思わせると話題になっている。当時もロベルト・マンチーニが率いていたが、似ているのはプレイスタイルの話ではない。所属選手の身長だ。

今夏に獲得したメロやコンドグビアもそうだが、ほとんどの選手が180cmを超えている。『Inter News.It』によるとチームの平均身長は184.7cmに達し、前節のカルピ戦のスタメンで180cmに満たないのはDFガリー・メデルとFWロドリゴ・パラシオのみだ。身長だけでなく、MFフレディ・グアリン、ジェフリー・コンドグビアと、とにかく今のインテルはパワフルだ。まさに巨人化が進んだイメージだ。

06-07シーズンにセリエA優勝を達成した際にも、チームにはFWズラタン・イブラヒモビッチ(195cm)、MFパトリック・ヴィエラ(192cm)、GKフランチェスコ・トルド(196cm)、DFファビオ・グロッソ(190cm)、DFマルコ・マテラッツィ(193cm)と190cmオーバーが5名も在籍しており、マンチーニ監督が大型の選手を好んでいることが分かる。

そうなってくると気になるのは日本代表DF長友佑都だが、長友は170cmと現在のトップチームでは最も低い。カルピ戦でサイドバックを務めたファン・ジェズスとダヴィデ・サントンもそれぞれ185cmと187cmでかなり大きい。新加入のアレックス・テレスも181cmだ。

一方で今夏に放出された選手の中にはジョナタン(170cm)、ジェルダン・シャキリ(169cm)と小型の選手がいる。もちろん身長だけで全ては決まらないが、特に長友とジョナタンはDFであり、マンチーニ監督がDFラインに背の高い選手を揃えたいと考えても不思議はない。長友には大型選手にはない俊敏性で身体的ハンデを跳ね返してほしいが、今季も出だしは厳しいものとなりそうだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ