ビダルの飲酒癖は直らない? 夜遊び目撃証言も

チリ代表を離脱したビダル

チリ代表を離脱したビダル

息子の手術のためとの理由だったが…… photo/Getty Images

バイエルン所属のチリ代表MFアルトゥーロ・ビダルの代表離脱が注目を集めている。

ビダルはパラグアイ代表との試合に向けてチリ代表に選出されていたが、急遽ドイツへ戻ることになった。コパ・アメリカ2015での飲酒運転事故による前科のこともあり、メディアは今回もビダルが規約違反を犯したからではないかと伝えている。ビダルは個人的な理由で離脱すると規約違反を否定しているが、様々な情報が寄せられているようだ。

『ガゼッタ・デロ・スポルト』がチリの『La Tercera』の情報を伝えたところでは、やはりビダルは酒のトラブルで帰国されたとの見方が強まっている。ビダルはパラグアイ代表戦を前に、酒に酔った状態で代表の拠点であるスポーツセンターに戻ってきたようで、火曜日の夜に市内のカジノで遊んでいるところも目撃されている。

コパ・アメリカの大会中に事故を起こしたビダルは、涙を流して謝罪した。しかし本当に事故を反省しているのであれば、代表に参加している時の飲酒は控えるはずだ。この件に関してチリ代表のホルヘ・サンパオリ監督はまだコメントしていないが、元チリ代表監督のクラウディオ・ボルギは「ビダルは成熟した人間だし、全て自分で判断したはずだ」と述べている。

糖尿病を持つ息子の手術のために離脱するといわれているビダルだが、今回も飲酒によるトラブルだったのだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ