大器の予感? ルーニーの「マルシアルって誰?」発言の返しがとっても謙虚

「その価値を証明する」

「その価値を証明する」

意気込みを語るFWマルシアル photo/Getty Images

移籍市場の最終日、FWアンソニー・マルシアルはリーグ・アンのモナコからプレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドに19歳という若さながら3600万ポンド(およそ66億7800万円)で移籍し、世界一高価なティーンエイジャーとなった。

だが、マンチェスター・ユナイテッドのキャプテン、FWウエイン・ルーニーは彼の存在を知らなかったようで、フランス代表でもあるチームメイト、MFモルガン・シュナイデルに「マルシアルって誰?」と尋ねたと、欧州の各メディアが伝えていた。

この報道を受けて、初招集されたフランス代表での記者会見でFWマルシアルは「ルーニーが私を知らないのは普通のこと。イングランドではなくフランスでプロデビューして、リーグ・アンで少しプレイしただけなのだから」と返し、謙虚な姿勢を見せたと英紙『メトロ』が伝えている。

さらに、「自分自身に8000万ユーロ相当の価値があるかはわからない。だが、余計な心配はしていない。価格は2つのクラブの間で決まるもの。19歳にしてはクレイジーな金額なのは確かだ。それが移籍市場。私には変えられない。ピッチ上で自分がその価値を証明することに集中したい」とコメントを残した。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ