イブラヒモビッチ「オレが引退するなら世界的ニュース」

今夏も市場を賑わせたイブラ

今夏も市場を賑わせたイブラ

パリに残留したイブラヒモビッチ photo/Getty Images

パリ・サンジェルマンFWズラタン・イブラヒモビッチには、今夏の移籍の噂が絶えなかった。最も話題になったのは古巣ミランへの復帰だが、イブラヒモビッチ本人はミラン以外にもフェネルバフチェ、ガラタサライ、マンチェスター・ユナイテッド、レアル・マドリードから接触があったと認めた。

いずれにしてもイブラヒモビッチの移籍は大きなニュースになるが、『ガゼッタ・デロ・スポルト』は現在スウェーデン代表に合流している同選手のコメントを伝えており、パリで満足だと語っている。

「この夏に複数のクラブが近づいてきたのは事実だ。でも、俺を本気で獲りたければ代理人のミーノ・ライオラと俺に話を通さないとな。ミランからの話もあったが、パリに満足しているし、残ることに決めたよ。ミランは少し必死だったけどな」

また、イブラヒモビッチは今季も主役として活躍する考えを持っており、今でもトップレベルでプレイできると感じている。

「引退はいずれやってくる。代表でもクラブでもサッカーをやめないといけない時は必ずくる。その時はすぐに分かるよ。なぜなら世界的なニュースだからな」

キャリアのピークは過ぎたかもしれないが、やはりこの選手の自信は並ではないようだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ