9年ぶりにベティスに復帰したホアキン「ベティスに戻りたいと心で叫んでいた」

「夢が叶った」

「夢が叶った」

昨シーズンはフィオレンティーナで活躍したホアキン photo/Getty Images

セリエAのフィオレンティーナからリーガ・エスパニョーラのベティスに9年ぶりに復帰した元スペイン代表FWホアキン・サンチェスが、スタジアムでお披露目会見を行った。

「ベティスの選手として最初に過ごした時期はとても素晴らしい時間だった。チームを離れた時期もあったが、またベティスのシャツを着てフィールドを走ることが夢となっていた。夢を叶えることができて、キャリアの中で最も幸せな瞬間。これからすべての時間を楽しんでいきたいと考えている」

ベティスの下部組織出身のホアキン・サンチェスは、2006年までベティスで活躍。その後はバレンシア、マラガと渡り歩き、2013年からセリエA・フィオレンティーナでプレイ。2014-15シーズンはリーグ戦で23試合で2得点を記録し、フィオレンティーナのUEFAヨーロッパリーグ準決勝進出に貢献した。2018年までフィオレンティーナとの契約を残していたものの、ホアキン自身が復帰を希望していたため、ベティス移籍が実現。ベティスとは3シーズンの契約を結ぶ。

本拠地でのお披露目会見では約2万人のサポーターが詰めかけたと、スペイン紙『アス』が伝えている。また、今シーズンについての意気込みを次のように語った。

「若くはないが、34歳でもやる気と熱意はある。経験から多くのことを学び、今は体の調子も良いと感じている。ベティスでの日々を楽しみながらプレイしたい」

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ