シャルケ、ボアテング放出に失敗。スイス1部シオンとの交渉が破談

最短でも冬までは試合で出られず

最短でも冬までは試合で出られず

ケビン・プリンス・ボアテング photo/Getty Images

シャルケの今夏の市場での目標は、チームを強化する選手の獲得とともに、MFケビン・プリンス・ボアテング(28)を放出することだった。しかし、市場最終日の8月31日まで待っても買い手がつくことはなく、ゲルゼンキルヘンに留まることになった。

独『ビルト』が伝えた所では、ボアテングにはスイス1部シオンが関心を示しており、最終日まで交渉が続けられていたが、交渉は破談になったようだ。これまでスポルティング(ポルトガル)、アル・イテハド(サウジアラビア)との交渉がメディカルチェックをパス出来なかったことで破談になってきた同MFだが、今回は移籍金の額がシャルケの要求に届かなかったことが原因となった。

ドイツ生まれのガーナ代表MFボアテングは、素行の悪さが原因で今年5月にシャルケとの契約を解除されていた。試合にも練習にも帯同しない選手であるが、所属は依然シャルケのままであり、今夏の放出に動いていた。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ