[移籍]WBA、エヴァンスに続いてGKリンデゴーアをマンUから獲得

背番号は「21」

背番号は「21」

マンUではデ・ヘアの控えとして4シーズンを過ごしたが、新天地ではどうなるだろうか photo/Getty Images

プレミアリーグのウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン(WBA)は31日、元デンマーク代表GKアンデルス・リンデゴーア(31)をマンチェスター・ユナイテッド(マンU)から獲得したことを発表した。契約は2017年までの2年間となる。

先日のDFジョニー・エヴァンスに続いて今夏2人目のマンUからの獲得となったWBA。10-11シーズンにノルウェーのオールセンからマンUに移籍したリンデゴーアは第2GKとして、同クラブで29試合に出場した。

リンデゴーアはクラブ公式サイト上で加入の喜びを語っている。

「イングランドに来てからというもの、WBAがプレミアリーグでどれだけ良くやってきたかに印象付けられていたんだ。加入することが出来て嬉しいし、今シーズン自分がクラブに大きな貢献を出来ることを願っているよ」

なお、バギーズ(WBAの愛称)でのリンデゴーアの背番号は「21」となる。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ