「オレにPK蹴らせてよ!」ビダル、ミュラーとロッベンへ必死のアピール

結局は蹴らせてもらえず……

結局は蹴らせてもらえず……

自らロッベンにアピール photo/Getty Images

ブンデスリーガ開幕3連勝を飾ったバイエルンは、ドイツ国内はもちろん、世界的にも優秀な選手が集まるタレント集団だ。結果を求める一流選手が集まっており、チームのチャンスでも激しい競争がある。29日のレヴァークーゼン戦では、それが分かる一幕があった。

『デイリー・メール』はこの試合でバイエルンが決めた2本のPKで、MFアルトゥーロ・ビダルが自分に蹴らせてくれとチームメイトに頼むシーンを話題にしている。ビダルは今夏にバイエルンに加わった新参者であり、目に見える結果が欲しいのは当然だ。

1本目の際にもビダルは蹴りたいとアピールしたが、ここはチームのPKキッカーであるトーマス・ミュラーが順当に蹴った。2本目ではミュラーがアリエン・ロッベンにキッカーを譲ったのだが、ビダルはこれをチャンスと捉えたのか、ボールをセットしているロッベンに顔を近づけ、蹴りたいんだと猛アピール。ユヴェントスやチリ代表でもPKを蹴る機会が多かったビダルは、決められる自信があったのだろう。しかしロッベンも自身のゴールチャンスを新参者に譲る気はなく、ビダルの言葉に耳を貸さなかった。結局は必死になるビダルをチームメイトのロベルト・レヴァンドフスキが慰め、ロッベンがそのまま蹴った。

ロッベンはこの出来事について試合後のインタビューで次のように述べている。

「トーマスはチームの第1キッカーで、僕が2番だ。これは明確に順位が決められているんだよ。アルトゥーロも蹴りたがっていたけど、それは良いことだ。怖がって蹴らないよりはね」

また、ハットトリックのチャンスでもあった2本目のPKをロッベンに譲ったミュラーも、仕方がなかったと述べている。

「アルトゥーロはユヴェントスでPKキッカーを務めていたし、蹴らせてくれとアピールされたよ。でも、ここはバイエルンだ。彼もチームの一員にならなければいけない」

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ