ネイマールに続いて…… D・コスタのヒールリフトに同僚ロッベンが苦言

大西洋を隔てて異なる価値観

大西洋を隔てて異なる価値観

レヴァークーゼン戦でのコスタ photo/Getty Images

コパ・デル・レイ決勝のアスレティック・ビルバオ戦でのヒールリフトが批判を呼んだバルセロナFWネイマールに続いて、バイエルンのブラジル人も同僚からのクレームを受けている。

29日に行われたブンデスリーガ第3節のレヴァークーゼン戦でバイエルンは3-0の快勝を飾り、開幕からの連勝を3に伸ばした。この試合の左ウィングで先発したダグラス・コスタは得意のスピードとパワー溢れるドリブルを随所で披露したが、問題となったのは82分のプレイ。左サイドでボールを受けると、詰め寄って来るレヴァークーゼンのユリアン・ブラントをかわそうと、ヒールリフトを選択し、抜きにかかった。

3点リードの状況ということもあり、これは相手へのリスペクトをやや欠いた行動だった。このプレイに関して試合後に苦言を呈したのが、右ウィングで先発してチームの3点目を挙げたアリエン・ロッベンだった。

「僕なら配慮するだろうね。たしかに美しかったさ。観客も拍手していたし、彼は上手くやっていた。でもあの時スコアが3-0だったことを忘れてはいけない。対戦相手はリスペクトしなくちゃいけないんだ。僕は疑問に思うね」

ジョゼップ・グアルディオラ監督はブラジルとヨーロッパの文化の違いを意識してか、困惑しつつもコスタを擁護している。

「私はブラジル人ではなくカタルーニャ人だ。私ならそれを(ヒールリフト)出来ないだろう。彼はスーパーな選手だが、私はそういったプレイを好まない。しかしネイマールも同じことをしたし、コスタもブラジル人だ。彼は飛びぬけた選手であり、理性的で相手にリスペクトを示しているよ。それが彼のプレイだったんだ」

ヨーロッパとブラジルの「魅せるプレイ」の考え方には大きな隔たりがあるようだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ