珍事! 女子サッカーで「副審の出来る方いませんか?」とアナウンス

プレミアリーグを裁くマイケル・オリバー氏が立ち上がる

プレミアリーグを裁くマイケル・オリバー氏が立ち上がる

若手ながらジャッジに定評あるオリバー氏 photo/Getty Images

「この中にアシスタントレフェリーの資格をお持ちの方はいらっしゃいませんか。もしいらっしゃれば、お知らせください」こんなアナウンスをスタジアムで聞いたことがあるだろうか。これは27日に行われた女子サッカーのアーセナルレディース対レディングFCで実際に起こったことだ。

この試合で前半に副審が負傷し、ハーフタイムに副審を務めることの出来る者を探すという珍事が起こった。これに名乗りを上げたのは、プレミアリーグやチャンピオンズリーグで審判を務めるマイケル・オリバー氏だ。『BBC SPORT』によると、この試合の主審を務めていたのはオリバー氏の妻であるルーシー・オリバーで、夫はその姿を見にスタジアムへ来ていたのだ。

彼は妻のピンチと立ち上がり、夫は妻のためにサイドラインを45分間走り続けた。スタジアムからはオリバーを讃えるチャントが起き、まさかのアクシデントから1つのエンターテイメントへと様変わりした。

同氏は先日のアーセナル対リヴァプールの一戦で主審を務め、今季開幕戦となったチェルシー対スウォンジーではGKティボ・クルトワに迷わずレッドカードを提示した。それでも妻の前では脇役であり、45分間懸命に主審の妻をアシスト。主審と副審という珍しい形での夫婦共同作業にスタジアムも素敵な空気に包まれたようだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ