退団が近づくデ・ブライネとペリシッチ、シャルケ戦に帯同せず

CLは曲者ぞろいのグループBに

CLは曲者ぞろいのグループBに

先日のビルト・アウォーズでは「移籍しま宣言」をしたデ・ブライネだったが…… photo/Getty Images

ヴォルフスブルクに所屬するベルギー代表MFケビン・デ・ブライネのマンチェスター・シティ移籍交渉が大詰めを迎えている。

「交渉は今日の午後から引き続き行われた。話し合いは大きく合意に近づいたから、あと数時間のうちにも決断が下されるだろう。遅くても金曜日にはなされるよ」

ヴォルフスブルクのクラウス・アロフスSD(スポーツ・ディレクター)は27日、チャンピオンズリーグの抽選会に参席するために訪れたモナコで独『スカイ』に対してそう話した。移籍市場の閉幕まであと数日となったが、エースを慰留することは不可能になりつつある。報道されているところでは、移籍金は今夏最高額となる7400万ユーロでまとまると見られている。

同日のCL抽選でヴォルフスブルクはグループBに入った。マンチェスター・ユナイテッド、CSKAモスクワ、PSVといった有力チームとの対戦が決定したが、エースのみならず、主力をもう一人欠いて臨む可能性がある。

右ウィングのクロアチア代表FWイヴァン・ペリシッチとインテルの交渉は依然行われており、同選手はデ・ブライネと同じく28日のリーグ3節、シャルケ戦のメンバーに帯同しないことが発表されている。理由についてディーター・ヘッキング監督は「100%集中出来る状態にないから」としているが、この背景に交渉の存在があることは明らかだ。

昨季2位でリーグを終え、09/10シーズン以来となるCL出場を控えるヴォルフスブルクだが、新シーズンは大きな困難を抱えることになりそうだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ