一斉放出もありうるリヴァプール、放出候補の中から残留が望まれている選手は?

昨季主力を張っていた選手の名もズラリ

昨季主力を張っていた選手の名もズラリ

放出も噂されたサコー photo/Getty Images

今夏に大型補強を行ったリヴァプールは、昨季とは別物のチームへと生まれ変わった。英雄と若手スターが去り、ベンテケやフィルミーノといったビッグクラブで成功を掴もうとする者が集まった。しかしチームはパンク状態にある。誰を残し、誰を放出するのか。監督のブレンダン・ロジャースはそちらにも目を向けなくてはならない。

『デイリー・ミラー』はポジションが確立されていない選手を中心に、チームに残って欲しい選手は誰かというアンケートを取った。

1.FWダニー・イングス 91.5%
2.DFアルベルト・モレノ 87.7%
3.DFデヤン・ロブレン 84.1%
4.DFママドゥ・サコー 83.1%
5.FWディボク・オリジ 81.6%
6.MFルーカス・レイヴァ 80.2%
7.DFジョン・フラナガン 77.2%
8.MFラザル・マルコビッチ 65.9%
9.DFチアゴ・イロリ 56.6%
10.DFアンドレ・ウィズダム 48.8%
11.DFコロ・トゥレ 48.0%
12.MFジョー・アレン 37.8%
13.DFホセ・エンリケ 14.6%
14.FWファビオ・ボリーニ 7.0%

結果はこのようになっており、今夏の移籍が噂されたサコーとルーカスはかなりの高い割合で残留を求められている。一方で、ロジャース監督の愛弟子ともいえるアレンが過半数を取れず、このリストの中ではワースト3に入ってしまった。

現在のリヴァプールは選手が多すぎて各ポジションに3番手や4番手が存在する事態となっているが、このアンケートからはリヴァプールに求められているものが自然と伝わってくる。センターバックは開幕からロブレンが務めているが、サコーもフランス代表に名を連ねる実力者だ。一線級のセンターバックを3枚は揃えておきたいというファンの考えが読み取れる。ルーカスには中盤での守備が求められており、ヘンダーソンとミルナーの攻撃的なボランチの守備力が不安視されている証拠だろう。

しかし現時点でルーカスはチャンに次ぐ4番手、イングスとオリジもスタリッジが復帰すればますます出場機会は無くなるだろう。マルコビッチも同様に、コウチーニョ、フィルミーノ、ララーナのスターターに加えて若手のアイブがいる状況でポジションを確保するのは難しい。

リヴァプールファンの考えとロジャースの考え、そしてクラブの考えはシンクロするのか。少なくとも今夏に移籍濃厚だったルーカスとサコーを放出して守備が崩壊した場合は、周囲から厳しい批判を浴びることになるだろう。誰が本当に必要なのか、チームを作っていくうえで放出する選手の選考も重要な要素だ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.235 理想家vs策士! 今、Jを進化させる指揮官たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ