[日本代表]「もっと野心を!」 遠藤航に期待するハリル監督

東アジア杯最大の発見に

東アジア杯最大の発見に

東アジア杯で印象的なプレイを見せた遠藤 photo/Getty Images

W杯アジア2次予選に臨む23人の代表メンバーが27日に発表され、湘南ベルマーレからDF遠藤航が今月の東アジア杯に続いて選出を果たした。遠藤は所属クラブを通して選出の喜びを口にしている。

「今回、東アジアカップに続いて日本代表に選んでいただき、非常に嬉しく思っています。海外組の選手と一緒にプレイすることが目標だったので、今は一緒にプレイすることをとても楽しみにしています」

「また、東アジアカップで結果を残せず悔しい思いをしたので、個人として学んだことや、1対1の対応など自分の得意とする部分を次はしっかり結果に繋げていきたいと思います。まずは出場の機会を得られるように努力して、試合に出場できればチームの結果に貢献できるように頑張りたいと思います」

U22代表から飛び級で代表選出された先の東アジア杯での遠藤のパフォーマンスは印象的だった。右サイドバックとして初戦の北朝鮮戦に先発すると、前半3分に正確なクロスで武藤雄樹の先制ゴールをアシスト。試合はこの後逆転負けを喫したが、遠藤は持ち前の1対1の守備、ミスの少ないプレイを披露した。未勝利で大会を終えた日本の中で、3試合すべてに先発した遠藤は数少ないポジティブな発見だった。

27日の発表会見で日本代表のハリルホジッチ監督は遠藤について、「中盤の選手として考えている」とコメント。所属クラブでは3バックの右、U22代表ではボランチ、先の東アジア杯では4バックの右と、複数ポジションに対応することが出来る遠藤だが、監督はMFとしての起用を考えているようだ。「彼にはもっと野心を持ってプレイしてほしい」と強く語る様子からは、遠藤への評価の高さが窺われた。9月の2試合で先発での出場機会を得ることは出来るだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ