バロテッリに課せられた絶対厳守の3ルール! 破れば契約破棄の可能性も

SNS、飲酒、喫煙などを厳しく取り締まる

SNS、飲酒、喫煙などを厳しく取り締まる

がっちりと首輪をはめられたバロテッリ photo/Getty Images

ミランへ復帰することで合意したFWマリオ・バロテッリは、現在のサッカー界でも指折りの問題児だ。当然ミランも彼の行動遍歴を理解しており、今回の復帰にあたって前代未聞の厳しいルールを用意した。『ガゼッタ・デロ・スポルト』は絶対厳守の3ルールと称し、バロテッリに課せられた軍隊さながらの規約を紹介している。この規約にバロテッリ本人も同意しており、破られた場合にはそれ相応の措置を取ることとなっている。

1.クラブのイメージを損なう行為は禁止

これは主にSNSのことを指している。バロテッリはこれまでもSNSで様々な話題を提供してきたが、原則として派手な投稿は禁止される。InstagramやFacebookの使用をある程度規制し、クラブに損害を与える話題をシャットアウトするのが狙いだ。

2.身だしなみの改善

バロテッリはこれまで特異な髪型や服装をしてきたが、これも禁止される。ミランに根付く紳士たる身だしなみを徹底させ、プライベートで無意味に目立つことを禁じる。これが選手本人のケアに繋がるとの考えだ。

3.健康を考える

これはサッカー選手にとっては当たり前ともいえる条項だ。バロテッリは喫煙者だが、これも禁止される。アルコール量も適量のみとし、過度な飲酒に繋がるようなクラブ、ディスコといった場所への立ち入りを禁止する。こういった場所での夜遊びがコンディションを落とす原因にもなり、翌日の練習に遅刻する悪循環を生み出す。当然練習時間に遅れることも厳禁だ。

主なルールはこの3つだが、他にもミハイロビッチ監督の言うことは必ず聞くといった小学校のようなルールもある。つまりマンチェスター・シティ時代に起こしたマンチーニ監督とのトラブルなどは絶対にありえない。歯向かえば厳しいペナルティが課せられることになる。

バロテッリがこれらのルールを永遠に守り続けることができるかは不明だが、ミラン側はバロテッリがルールを無視したような振る舞いを見せた場合、契約を破棄する考えだという。リヴァプールでの苦境からノーマルな人間へと生まれ変われるのか。今季のバロテッリは鉄の3ルールに縛られた戦いを続けていくことになる。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ