ラムジーの「幻ゴール」に不服のヴェンゲル 「理解しがたい」

チェフには称賛の言葉を

チェフには称賛の言葉を

アーセン・ヴェンゲル photo/Getty Images

アーセナルは24日に行われたプレミアリーグ第3節でリヴァプールと対戦し、0-0で引き分けた。チームを率いるアーセン・ヴェンゲル監督は10分にオフサイドで取り消しになったアーロン・ラムジーのゴールについて、不満を露わにした。

「前後半通して我々はチャンスを作り出した。ゴールが取り消されたことは不運だったし、理解しがたいことだ」

ヴェンゲル監督は試合後に衛星放送『スカイ・スポーツ』に対してそう話した。序盤に立て続けにチャンスを作り出したアーセナルは10分、サンティ・カソルラのスルーパスに抜け出したラムジーが一度はネットを揺らしたものの、判定はオフサイドだった。

勝点3を取り逃がしたアーセナルだが、ヴェンゲル監督は好セーブを披露して無失点試合に貢献したGKペトル・チェフを称賛している。

「彼はゲームの重要な場面で良い仕事をしていたね。それこそまさに彼に期待することだし、良いゲームをしていた」

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ