これが本当のペドロ! デビュー戦で1G1A。チェルシーが今シーズン初勝利

テリー退場で難しい試合展開に

テリー退場で難しい試合展開に

先制弾を挙げたペドロ photo/Getty Images

プレミアリーグ第3節が現地時間22日に行われ、チェルシーはウェストブロムウィッチと対戦した。

開幕から2試合を経て未だ勝ち星の無いチーム同士の一戦。特に昨シーズン王者のチェルシーはスウォンジーに2-2で引き分けると、続くマンチェスター・シティ戦では0-3で完敗し、連覇に向けて苦しい序盤戦となっている。だが今週、バルセロナからFWペドロ・ロドリゲスを獲得。加入から間もないペドロを右ウイングで起用した。

序盤は慎重にブロックを作って守るウェストブロムウィッチ。チェルシーがボールを保持して、ウェストブロムウィッチがカウンターから好機をうかがう展開になる。すると13分、ウェストブロムウィッチは右サイドのMFカラム・マクマナマンがドリブル突破から、ペナルティエリア内で倒されてPKを獲得。キッカーのMFジェームズ・モリソンは、意表をついてど真ん中に蹴り込むも、GKクルトワが足で弾き出す。チェルシーの守護神が好セーブを見せる。

ここからチェルシーが猛攻を仕掛ける。20分、FWペドロがMFエデン・アザールとのパス交換から、中央のディフェンスを突破し、先制弾を叩き込んだ。ペドロはプレミアデビュー戦でゴールを挙げる活躍を見せる。

さらにFWペドロが攻撃にアクセントをつける。30分、チェルシーはカウンターのチャンスに、MFウィリアンからボールを受けたFWペドロがペナルティエリア内からシュートを放つ。このボールをFWジエゴ・コスタが滑りこんで合わせて、ネットを揺らし、リードを2点に広げた。

追いつきたいウェストブロムウィッチは35分、左サイドからのクロスを、ファーサイドでボールを受けた新加入のFWサロモン・ロンドンが落として、MFモリソンが右足で強烈なシュートを放ち、ゴールに突き刺した。ウェストブロムウィッチにとって今シーズン初ゴールが生まれる。

だが、チェルシーは試合の主導権を譲らない。42分、セスク・ファブレガスの浮き球のパスをFWジエゴ・コスタが倒れながらも胸で落とす。そのボールにサイドから走りこんできたDFセサル・アスピリクエタが、冷静に流し込んで追加点を重ねた。

守備ブロックを作って慎重に試合に入ったウェストブロムウィッチだったが、チェルシーの攻撃陣に堪えきれず、3-1のスコアで前半を終えた。

後半は2点を追いかけるウェストブロムウィッチがチェルシーゴールに迫る。54分、ディフェンスラインの裏へ抜け出したFWロンドンが、DFジョン・テリーに倒される。テリーはこのプレイで一発退場。チェルシーは一人少ない十人で戦うことになる。モウリーニョ監督はすかさず、中盤のMFウィリアンに代えて、センターバックのギャリー・ケイヒルをピッチに送り込む。

だが、試合の流れはウェストブロムウィッチが傾いた。59分、左サイドからMFマクマナマンがクロスを送ると、MFモリソンがバックヘッドですらして、ゴールに流し込んだ。このゴールで1点差に詰め寄ると、その後もFWロンドンを起点に猛攻を仕掛けた。

ウェストブロムウィッチは60分に、MFジェームズ・マクリーンに代えてFWリッキー・ランバートを投入し、ロングボールから攻撃の糸口を見出そうとするも、チェルシーの守備陣が奮闘して凌ぎ切り、そのまま試合終了。3-2のスコアでチェルシーがウェストブロムウィッチに敵地で競り勝った。

バルセロナではメッシ、スアレス、ネイマールのMSNと称される3人の影に隠れていたペドロ。84分には途中交代でピッチを退いたものの、モウリーニョ監督の先発起用に応えて結果を残し、真の実力をプレミアリーグで発揮した。

[スコア]
ウェストブロムウィッチ 2-3 チェルシー

[得点者]
ウェストブロムウィッチ:モリソン(35、59)
チェルシー:ペドロ(20)ジエゴ・コスタ(30)アスピリクエタ(42)

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ