ファーディナンドの後継者へ。ファン・ハールがスモーリングを称賛「着実に成長している」

DFラインに安定感をもたらすか

DFラインに安定感をもたらすか

スモーリングを信頼するファン・ハール監督 photo/Getty Images

リオ・ファーディナンドとネマニャ・ビディッチのセンターバックコンビは、マンUに絶対的な安定感をもたらした。しかしファーディナンドは引退し、ビディッチはイタリアへ新天地を求めた。マンUは両者の後継者を育てようとしてきたが、その完成が徐々に近づいているようだ。

『マンチェスター・イヴニング・ニュース』は、2010年にファーディナンドの後継者として1000万ポンドで獲得したDFクリス・スモーリングが成長していると報じている。ファン・ハール監督も同選手の働きに満足しているようで、DFラインにかつての安定感が戻ると期待されている。

「彼は成長していると認めざるをえない。周囲の人から見ても、私の目から見てもね。本当に素晴らしいよ」

しかし、同監督はまだ全てに満足している訳ではない。守備面での成長は確かだが、まだDFラインから攻撃を構築するというファン・ハールの野望は叶っていない。

「彼の守備は着実に成長しているし、ベストな状態にある。しかし、彼はさらによくなれるはずだ。守るだけでは充分ではない。攻撃はDFからスタートしなければならないんだ」

足もとの技術にやや不安があるスモーリングだが、克服して世界的なセンターバックになれるだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ