ドログバ、MLSデビュー戦を勝利で飾れず。ほろ苦い結果に

試合終盤のFKも枠をとらえきれず

試合終盤のFKも枠をとらえきれず

入団会見でのドログバ photo/Getty Images

この夏に、元コートジボワール代表FWディディエ・ドログバが加入したモントリオール・インパクトは、現地時間22日にMLS(メジャー・リーグ・サッカー)第22節でフィラデルフィア・ユニオンと対戦し、0-1で敗れた。59分から途中出場したディディエ・ドログバは、この試合がMLSデビュー戦となったが、勝利で飾ることができなかった。

試合の主導権を握ったのは敵地で戦うフィラデルフィア。流れを引きよせたいモントリオールは、59分にディディエ・ドログバを投入する。だが78分、フィラデルフィア・ユニオンが先制に成功する。右サイドを突破したC.J.・サポングがクロスを送ると、中央で待ち構えていたMFエリック・アユクがボレーシュートを放つ。このボールをFWセバスティアン・ル・トゥーが、軽く触りコースを変えて、ネットを揺らした。

追いつきたいモントリオールは試合終了間際の89分、ゴール正面からやや左、およそ25メートル程度ゴールから離れた場所でフリーキックを獲得する。キッカーのドログバが弧を描くシュートを放つも、枠をとらえきれない。終盤の猛攻を凌ぎ切ったフィラデルフィア・ユニオンが1-0で勝利を収めた。

その結果、モントリオール・インパクトは対戦成績を8勝10敗4分けとし、プレイオフ圏外の7位に順位を落とした。次節は敵地で4位のトロントと対戦する。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.234 大会出場選手確定! コパ・アメリカ完全ガイド
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ