[移籍]マンC、アルゼンチン代表DFオタメンディ獲得を正式発表

DFコンパニとコンビを組む

DFコンパニとコンビを組む

昨シーズンはバレンシアで活躍したオタメンディ photo/Getty Images

プレミアリーグに所属するマンチェスター・シティは、バレンシアからアルゼンチン代表DFニコラス・オタメンディを獲得したと、クラブの公式サイトで伝えている。5シーズンの契約を結び、背番号は30番となる。

移籍金は公表されていないものの、4500万ユーロ程度になるとスペイン紙『マルカ』は伝えている。現在27歳のオタメンディは母国アルゼンチンでプロデビューを果たすと、2010年にポルトに移籍。2014-15シーズンはバレンシアに所属し、公式戦で38試合に出場して6得点を記録している。アルゼンチン代表としては6月に行われたコパ・アメリカに出場し、準優勝に貢献。通算で25試合に出場している。

同選手は「僕のベストを捧げるためにここへ来た。いくつかのトロフィーを獲得できたらいいと思っている。外から見たら夢のようなクラブに実際に加入することができた。それが一番重要なことだ」と、意気込みを語った。

マンチェスター・シティは今夏、リヴァプールからFWラヒーム・スターリング、アストン・ヴィラからMFファビアン・デルフらを獲得している。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ